トレーニング中のBCAAについて

皆さんこんにちは。

今回は、トレーニング中に飲んでいるBCAAについて簡単にお話していきたいと思います。


BCAA(Branched-chain Amino Acids:分岐鎖アミノ酸)とはバリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸の総称です。

これらは必須アミノ酸と呼ばれ、人間の体内では生成することが出来ないとても重要なエネルギー源となります。

役割としては、ウエイトトレーニングで使用するメインエネルギーのグリコーゲンが減少すると、BCAAがエネルギーとなり使用されます。

しかし、トレーニング前やトレーニング中にBCAAが摂取されていない場合やそもそも体内のエネルギーが充分でない場合、筋タンパク質を分解(筋分解)してBCAAに変えてしまいます。

筋肉を維持増進するためにトレーニングをしていても、トレーニング中に筋タンパク質を分解されていては効果が減少するどころか意味がありません。

トレーニング前に体内のエネルギーが充分満たされている場合は、積極的に摂取する必要はありませんが、そうでない場合はトレーニング中にしっかりと摂取することをお勧めいたします。


また、BCAAを摂取することで疲労物質を抑制して疲労感を緩和してくれますので積極的に摂取しましょう。

摂取量の目安としては、トレーニング強度や時間により異なりますがBCAA10gを350~450mlの水に溶かして摂取します。


HUMAN'S DENでは、BCAA飲み放題です!是非!トレーニング中にお飲みください!


ちなみに、バリン・ロイシン・イソロイシンそれぞれが身体にもたらす効果も明記しておきます。以下を参考にしてください。


バリン

筋肉の強化・疲労回復/血中の窒素濃度の調整/アンモニア代謝改善作用による肝機能向上


ロイシン

タンパク質合成の促進→筋肉の維持増進/肝機能強化(肝細胞の増殖・分化の正常化)


イソロイシン

ヘモグロビン形成に必要なアミノ酸/筋肉の修復・疲労回復/血管拡張/神経機能補助

成長促進/肝機能向上



閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示