トレーニング前の食事

今回はトレーニング前に是非摂取してほしい栄養とタイミングについて少しお話します。

トレーニング中、エネルギー源になる体内(血中・筋・肝臓)のグリコーゲンが不足するとばててしまったり、効果が上がらないどころか筋肉が分解されてしまいデメリットしかありません。

トレーニング前にはしっかり食事を摂り、体内エネルギーを満たしておく必要があります。

そうすればトレーニングの効果を最大限に高められます。

タイミングとしては、トレーニングの2~3時間前に摂取し消化器官に血液が集中している時間帯を避けること。満腹感がおさまっていることも大事なポイントです。

内容としては、エネルギー源になるグリコーゲン(糖質=炭水化物)とタンパク質は必ず摂取するべきです。

炭水化物

ご飯150g(糖質:50~60g)・食パン6枚切りを2枚(糖質:50~55g)・うどん一玉270g(糖質:50~55g)

タンパク質

鶏むね肉皮なし100g(タンパク質:22g)・鶏ささみ100g(タンパク質:27g)・マグロ赤身100g(タンパク質:26g)・カツオ100g(タンパク質:25g)・納豆100g(タンパク質:17g)

以上はなるべく含有量の多い食材をご紹介しました。

炭水化物であれば、50~70g、タンパク質であれば20~30gを目安に積極的に摂取してエネルギーに満ちた状態でのトレーニングを心掛けてください!






45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示