自律神経

皆さんこんにちは。

10月になり大分涼しくなってきました。とはいえいきなり気温が上がり、夏のような暑さが数日続くなどまだまだ油断できませんね!

朝晩の寒暖の差がはげしいため、なかなか体調が整わず疲労感を感じながら日々を過ごしていませんか?

身体を冷やしてまず良いことはありません。

冷えは万病のもととも言います。体温が下がると、血流が悪くなり様々な症状が現れるからです。

特にありがちな症状をご紹介しますと、肩こり・腰痛・頭痛・食欲の低下などがあります。

上記のような不意の体調不良は、心身にとってとてもストレスになり自律神経を乱してしまう原因になりかねません。

今日は自律神経について少しお話していきます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

●交感神経は主に「興奮」や「緊張」です。


〇副交感神経は主に「安心」や「リラックス」です。



自律神経が乱れるということはつまり、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるということになります。その結果、交感神経が優位になってしまっている場合の症状として、睡眠の質の低下による不眠・倦怠感・動悸・胃腸の不調・頭痛・微熱などがあります。

副交感神経が優位になりすぎても、無反応や無気力など消極的要素が強くなります。こういった症状が現代社会では「うつ病」と診断されています。

自律神経の乱れの多くが日常生活・習慣で起こります。日常で乱れた自律神経は日常で整えましょう!!

まずは食習慣を見直してみる!

☆タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルが食事から十分摂取できているかを見直すこと。

☆寒い季節には季節の食材を積極的に使用し、身体の中から温められているかを見直すこと。

☆運動を習慣にして、血行の促進や筋肉の維持増進ができているかを見直すこと。


3ツ星を意識した生活習慣で、いつまでも健康的で自信に満ち溢れた日常生活を末永く楽しみましょう!!

HUMAN'S DENでは、そんなあなたを徹底サポートいたします!2021年を健康とともに締めくくりましょう!!


お待ちしております!!







閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示